ITを知ることで恩恵が得られるの!?
未分類

ITは一つ使い方を知るだけでグッと効率的になる

ITは使い方を知っていればこれを目的に応じてうまく活用することができるとされ、企業においては基本的な情報共通基盤を構築することで営業活動に発生する様々な業務を効率的にすることが可能になって来ました。
特に仕事の場が社外で多く時間活動する営業職の場合には、スマートフォンやタブレット端末からこのITの情報共有基盤にアクセスして入力作業が行えると劇的とも言える程に作業効率が上がることになりました。
セールスマネージャーは日々の案件ごとに利用頻度の多い活動報告をこれらの端末からリアルタイムに進捗情報を更新することで常に最新の情報を共有し確認することが出来るものです。
従って営業会議までに多くの時間を費やしていた会議の資料をその都度作成する必要がなくなり業務の効率化を実現できます。
顧客と名刺交換した場合は個人の名刺ファイルで管理するかExcelなどに入力して部門ごとに整理するものになり、この作業は時間や手間を要するものですが、情報をスキャンしたり写真撮影をしたりするだけで自動的にテキストデータに直して保存しておくことでいつでも必要とするデータを呼び出して使うことができるようになります。

会社の上司に営業活動の報告を行うにはITでシステム化されていなければ電話やミーティング、あるいは電子メールで報告することになります。
ミーティングには時間もかかるものですしメールの場合には履歴が管理されず報告すべき情報が埋もれてしまう可能性もあるものです。
このような場合使い方も簡単で活動報告を端末に登録するだけで案件の進捗状況を自動的に報告することができるようになり、しかも情報は常に共有でき上司はいつでもこれを確認することができます。

文書作成にはMSのWordはそれに特化したソフトとして知られています。
自動的に段落や行間を調整でき、ちょっとした表であればExcelを使わなくても基本的にこのソフトだけで作成することが出来、企業によっては文書作成にExcelを勧めるところもあります。
この場合は行頭の調整が行い易くルーラーではなくセルの列で調整できます。
列幅の調整を行うことで行頭が簡単に調整できるために非常に便利になり、複数のフォントやサイズを混在させて使う場合にはこの方法が有利になる場合が多いとされます。

Excelは表やグラフが混在した文書作成の仕事には便利とされています。
セルを小さくして統合を利用することで色々な表やグラフ挿入することが可能で、別のシートでデータを管理しておくと数字の更新だけで同じフォーマットとしてその内容を更新でき効率的に業務をこなせます。
このオフィスソフトはハンガリー系の研究者によって開発されたもので、その後もライフスタイルと共に必要な機能が追加されたりして現代も日々進化していると言われています。