ITを知ることで恩恵が得られるの!?
未分類

光回線など、優れたインターネット環境を整備

インターネットを利用する女性インターネット利用者の多くは現在、光回線を使った高速インターネットサービスを利用するようになっています。
少し前までは、電話回線を利用したADSLが主流でした。
今後もADSLで十分という人もいますが、ADSLでは通信速度が限られ、また、動画の再生があまりスムーズにはいきません。
その上2025年までには廃止される可能性が高いため、現在のADSL利用者も、やがてはすべて光回線もしくは無線のWiMAX2+を利用していくことになると見られます。

わが国は先進国の中では、インターネット利用者があまり多い方ではありません。
今後は日本全国どこでも高速インターネットが使えるように、環境を整備して行くことが望まれています。
無線の携帯電話回線やWiMAX2+と異なり、光回線は電話回線と同様、有線です。
光回線は、光ファイバーを張り巡らすことで構築されます。
電話回線はNTTの前身の旧電電公社独占でしたが、光回線はNTT独占ではありません。
光ファイバーを敷設できる民間会社なら、どこでも光回線を引けます。
自前の光回線を持つ会社は、NTTの他にもKDDIやケーブルテレビ会社および電力会社などいくつもあります。

電話回線のときのように一社独占とはせず、通信の自由化をおこなって、通信業界各社が競い合う環境になったことで、利用者はたいへん大きなメリットを得ることになりました。
選択肢を持つことができるようになり、各社は利用者獲得のために、サービス向上や料金低下を図るようになりました。

ただ、高速インターネット環境を提供するには、光回線の敷設というインフラ整備が必要となります。
莫大な初期投資が必要となる事業です。
光回線業者は全国にいくつもありますが、全国的に光ファイバーを引けるような企業は、NTTだけです。
そのため、NTTの光回線しか利用できないエリアが数多く存在しています。
そうした地域では競争がないため、価格競争やサービス競争の結果もたらされるメリットを得ることができません。
そのため、NTTの光回線を他の通信業者が借り受け、顧客に販売できる仕組みができました。

高速インターネットサービスの普及を促すため、こうした方策がとられています。
光回線を引くことが更に容易になっていけば、回線業者も増え、料金低下やサービス向上がますます進みやすくなるでしょう。
今後はインターネット環境整備が加速していく可能性があり、期待されるところです。